キビタキ、オオルリの登場を待っていると、後ろの木立の中からエナガたちの

にぎやかな声が聞こえてきました。

パラパラと飛び交うエナガの巣立ち雛たちです。

葉陰に隠れたりして良く分りませんが7~8羽程でしょうか・・・








エナガ2のコピー







エナガ1’のコピー








エナガ4のコピー








エナガ7のコピー








エナガ8のコピー







センダイムシクイ’のコピー

▲センダイムシクイが一羽混じっていました。
清清しい若葉の中、野鳥達との出会いを期待しつつ気分良く歩く。

フジザクラ?コメザクラ?もまだ咲いていました。こんな所にキビタキかオオルリがとまってくれたら・・・と

期待して歩くも残念ながら期待はずれ。それでもキビタキの姿は見られました。

期待のオオルリは、声も聞こえず、姿も見ることができませんでした。







キビタキ5のコピー








キビタキ6

▲このポーズを見ると「セーフ」と言う言葉が出てしまいます。






キビタキ4のコピー








クロツグミ1’’のコピー







コサメとキビのコピー

▲コサメビタキとキビタキ。

キョロン、キョロン・・・アカハラの声が聞こえてきます。

離れた場所で鳴くアカハラの声に首をかしげたり、呼応して鳴いていました。







アカハラ11のコピー







ビンズイ3’のコピー







キビタキ2’のコピー







<おまけ>

ねこのコピー
今シーズン初めてのキビタキ撮影です。

絵にはなりませんが、シーズン初と言う事でアップです。

なかなか思い描く所にはとまってくれません。

アカハラは、この日は5~6羽くらいの少群で互いに啼き交わしていました。







キビタキ1のコピー








OY5A2818のコピー







アカハラ6のコピー








アカハラ8のコピー







アカハラ9のコピー







エナガ1’のコピー








オオルリ雌のコピー







シジュウカラ1のコピー







ビンズイのコピー
すっかり葉桜になった道を歩いていると、何処からかキョロン・キョロンと聞こえてきました。

耳を澄まして声のするほうへ少しずつ移動して行くと・・・

目をこらし、耳を澄まして辺りを見ると、散り始めた枝垂桜の枝にアカハラがとまっていました。

狭い範囲内でしたが、3羽ほどの複数羽が啼き交わしていました。

移動の途中なのでしょうか、暫くしたら声も聞こえなくなり、姿も観られなくなりました。







アカハラ2’のコピー


▲▼画像を見ていて気がつきましたが、片方の脚が見えません。失ったのかと心配しました。



アカハラ3







アカハラ4のコピー

▲ハッキリ見えませんが、両足とも無事でした。







シロハラのコピー

▲シロハラ








<おまけ>


OY5A2300.jpg








シャクナゲ