FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「冬来たりなば春遠からじ」・・・この言葉は英国の詩人、シェリーの詩「西風の賦」の

一節からの言葉らしいです。


仄かに香る蝋梅の花を観るとそんな気持ちになります。







蝋梅のコピー








ルリビタキのコピー


☆ 2018/01/15 撮影
スポンサーサイト
上野動物園のパンダの赤ちゃん”香香”が12月19日から一般公開されるようですね。

遊水地にもミコアイサ成鳥の雄が時折飛来します。

この日観たのは雌なのか、雌のエクリプスなのか私は識別できませんでした。

雄の成長が来てくれる事を期待します。









ミコアイサ6のコピー








ミコアイサ5のコピー








ミコアイサ4







ミコアイサ3のコピー
そろそろケリの雛が生まれた頃。情報を貰って出動

ヒナは二羽観られました。

この日は暖かく、ヒナは親の体の下に入る様子はなく、好奇心旺盛で歩き回っていました。

詳しい事は解りませんが、生まれてからそれ程時間は経っていないようですが・・・







ケリ1のコピー

「遠くへ行っちゃだめだよ」 「うん、わかった」






ケリ2のコピー








ケリ4のコピー




▲▼「おにいちゃ、しょんないね、どこへいったんだろうね~」 「おにいたん、とこいったの、そんないね」




ケリ5






ケリ6のコピー

▲スクランブル発信!








<おまけ>

カワラヒワのコピー
セキレイの姿は良く見かけますが、私個人的にはキセキレイが好みです。

と言っても、外にセキレイと名がつく鳥は、イワミセキレイ、ツメナガセキレイ、マミジロツメナガセキレイが

いるようですが観た事はありません。








キセキレイ1’のコピー







キセキレイ2’のコピー







キセキレイ3’のコピー







ジョウビタキ1’のコピー







?タカ2のコピー

▲猛禽類の識別はとても難しい・・オオタカの若でしょうか?かなりトリミングしてあるので鮮明な画像がありませんが・・・
2016.10.19 ノビタキ
秋らしい風景の中に居るノビタキを狙ってい、狭い範囲の田んぼを回ってみましたが

それらしいものは撮れていません。







ノビタキ5のコピー








ノビタキ6のコピー








ノビタキ7のコピー







ノビタキ8のコピー







ノビタキ9のコピー




▼モズがノビタキを追い払いました。

モズ4のコピー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。