冬の鳥撮りを楽しませてくれた鳥達も、そろそろ北に帰る頃ですね。

期待した鳥の姿が少なかったですが、ジョウビタキは期待に応えてくれたのではないでしょうか・・・

無事、繁殖地に帰り着いてほしいですね。







ジョウビタキ3’’のコピー

▲「秋にまたくるからな・・」そんな声がしそうなジョビ太の姿勢です。



ジョウビタキ2のコピー

▲スイセンの甘い香りに思わずスキップ?




ジョウビタキ4のコピー







ジョウビタキ5のコピー
茂みの中でガサゴソ落ち葉を蹴散らしていたガビチョウが、水浴びのために

川岸に出てきました。

水に入りましたが、それほど水を浴びる事もなく行水?程度でした。

ガビチョウは一度見たら、まず忘れる事がないでしょう。

それは、特徴ある顔つきですよね。

白ふちのメガネをかけているダンディーなヤツです。







ガビチョウ3のコピー







ガビチョウ1のコピー







ガビチョウ4のコピー







ガビチョウ2

カワセミの飛び込む瞬間を撮ろうと狙ったところへ置きピンしていても見透かされている様に其処へ

飛び込むことは少ないですね。

この時も、狙った所と違うところへ飛び込みました。

捕ったのは、ドジョウでした。

私が子どもの頃は、ドジョウの事を”ドンキュウ”と呼んでいました。







03-15のコピー







03-14のコピー







03-11のコピー







03-10のコピー

野鳥たちの姿が少ない中、カワセミの姿は比較的見る事ができます。

この日は。雄雌が鳴き合っていました。

図鑑を読むと、三月辺りから繁殖活動に入るらしいから、番の相手を探しているのでしょうか?






03-01のコピー







03-02のコピー







03-03のコピー







03-04のコピー







03-05のコピー








03-07のコピー
久し振りに出動!

相変わらず鳥影が薄いですね~・・・

そんな中、ツグミは多いです、オオジュリンも見かけます。

期待のベニマシコも、なかなか見られません。特に雄は私にとってレアなものになっています。

ヤナギの新芽?花?が出る時に期待ですが、今の状態を見ると期待薄ですが・・・






オオジュリン5のコピー







オオジュリン8のコピー







オオジュリン4のコピー








オオジュリン6のコピー







ベニマシコ雌’’のコピー







モズ4のコピー








モズ1のコピー