野鳥撮影には酷なシーズンですね~・・・ネタがありません。

容易に見られるアオサギですが、時折見せるこんな姿はなかなか優雅に見えます。







アオサギ7のコピー







アオサギ6のコピー







アオサギ8のコピー
前回アップの続きです。

充分な大きさに思えるアユを捕った後も、直ぐに次の獲物を狙うササゴイ。

”食べられ時に食べておく”といったところでしょうか。








ササゴイ15のコピー

▲時折首を伸ばしてアユの動き(水面の動き)をみている様です。






ササゴイ13のコピー








ササゴイ7のコピー








ササゴイ8のコピー








ササゴイ9のコピー








ササゴイ10のコピー

▲捕ったのはアユではなく、カジカの類のようです。これもまずまずの獲物です。






ササゴイ14のコピー







ササゴイ12のコピー

未だ梅雨明け宣言はありませんが、梅雨は明けたかのような暑い日が続きます。
「暑中お見舞い申し上げます。」


晴天が続いているからアユの食料”藻”が育っていることでしょう。

(あまり晴天が続くと藻が腐ってしまいますが・・・)

そんなアユを狙うササゴイを狙って出動してみました。







ササゴイ1のコピー








ササゴイ2のコピー







ササゴイ3のコピー

▲「おじさん!今の撮った? ざっとこんなもんですよっ!」 ドヤ顔のササゴイ。






ササゴイ5のコピー

▲天然物のアユ、私は未だ食べていません。ササゴイは、ぐるめです。




ササゴイ6のコピー
前半は会えルチャンスが少なかったサンコウチョウ、後半はラッキーな事に会える時が増えました。

しかしサンコウチョウは暗いところに居る時が多いし、距離もあるのでクリアな映像は撮れません。








サンコウチョウ6のコピー








サンコウチョウ8のコピー








サンコウチョウ10 (2)のコピー







サンコウチョウ11のコピー








サンコウチョウ12のコピー
アオサギが大振りな巣材を運んできました。

ゴイザギは、やや控えめな巣材を運んできました。





アオサギ1のコピー









アオサギ2のコピー

▲着地体勢に入りました。









ゴイサギ10のコピー








コサギ1







コサギ2のコピー